考えてみたら

ワーキングマザーの人はあの歌どう思ってるんだろう。

「あたし、おかあさんだから」とお金を稼ぐこと

少し前に、私と類友と思われる夫や友人に「ねえねえ、最近こういうのあるの知ってる?」と教えてもらったのだが、「あたし、おかあさんだから」という歌がSNS上で炎上した。

私も「あれは炎上するよなあ」と思ったが、どこがあんなにも神経を逆なでするのだろう?と考えてみた。多分あれの男バージョンを作ったら、

 

俺だって下げたくもない頭下げて頑張ってんだよ

真夏でもネクタイ締めてジャケット着て外回りしてんだよ

毎日残業で子供の寝顔しか見れねえよ

 

みたいな感じになると思う。ネイル我慢するのと暑い中着たくないスーツ着るのって大体同等でしょ?で、こういう歌は世の中山ほどあるし別に炎上しない。現にあの歌も、色んなお母さんがたにインタビューして、世の中のお母さんに対する応援歌として作ったみたいだし。それが、ネイルとかヒールを我慢するお母さんを主人公にしたら炎上する。なんでだろう?自分でも何にイラついているのかよくわからない。それは多分、「辛いけど仕事を頑張る俺」はカッコいい、という風潮?があるからではないだろうか。では、何がそんなにカッコいいのかというと、やっぱり仕事してお金を稼いでいるという自尊心みたいなところに繋がるのではないかなあと思う。そりゃあもちろん家事やって子供を育てるということは人に威張れる立派な仕事とは思うんだけど、世間の風潮的に、「主婦は楽できていいね〜」みたいなのがあって。というか私もそう思っていて。多分多感な時期に働きマンとかのお仕事マンガを読んだ影響とかもあるのか、女もバリバリ仕事するのがカッコイイ人生!っていう価値観をずっと持っていることで、仕事してないイコール楽してる、カッコよくない、みたいに無意識に思っちゃってるのかなあと思う。

自分も、育休手当をもらっているとはいえ、やっぱり夫の稼ぎで生活しているという後ろめたさというかがあって、これが純粋な専業主婦だったらもっと「悪かったな、どうせ私は稼いでねえよ!」とやさぐれるかなあ、とは何となく思う。

こういう炎上の火種って世の中たくさんあると思っていて、例えばジョージアのCMに「世界は誰かの仕事でできている」というコピーがあるが、あれも穿った見方をすれば「悪かったな、どうせ私は仕事してねえよ!誰の役にも立ってねえよ!誰からも必要とされてねえよちくしょう!」ってなっちゃうかなあ、と思う。それはCMが悪いんじゃなくて、常日頃から仕事をしていない自分に引け目を感じていて、たまたまそこを刺激しちゃっただけというか。

何が言いたいかというと、稼いでないから炎上しちゃうのかな、というのはただの私の予想というか私の炎上ポイントはここかなあ、というだけの話なんだけど、もしそうなら、仕事して金を稼がない限りは、あるいはバリバリ仕事するのがカッコイイという考え方がなくならない限りは、ああいうお母さん応援歌って炎上し続けると思う。なので、歌なりCMなりはお母さん応援系はやめといたらいいのではないかなあ、と。

 

 

父親としての自覚

よく、育児に協力的でない夫に対して「父親としての自覚がない」と言われるようだが。

「父親としての自覚」って何だろう?

独身の頃にやっていた趣味をやめること?やりたいことを我慢すること?

それって、妻側が「私はやりたいことを我慢してるのに自分ばっかりずるい」ということでしょ?それを聞こえが良いように「子供のため」とか「父親らしくしろ」とか言ってるけど、要は「自分も我慢してるんだからお前も我慢しろ」ということでしょ?それってすごく暗いというか、建設的でない気がする。

自分の我慢を他人に強いるのではなくて、家族に迷惑をかけない程度に、自分も夫も我慢しないようにすればみんな幸せになれるのではないだろうか。

どうせ赤ちゃんや小さな子供なんて夜は早く寝てしまうのだから、例えばやりたいことは夜やるとか。スポーツジムだってデパートだって夜遅くまでやってるのだから、会社帰りに運動したり買い物すればいいし、飲み会だって、午前様になって次の日の休日寝て過ごすとか酔っ払って夜中子供を起こすとかでなければ行けば良いと思う。

妻も、夫が早く帰れる日は夜買い物に行ったり友達と食事に行っても良いし。

また、たまには託児所に預けて夫婦2人で出かけるのも良いと思う。子供がいると行けないようなレストランでランチしたり、映画を観に行くのも良いと思う。託児所に子供を預ける理由として「親がリフレッシュするため」というのもきちんと認められている。

なんで自分が夫に対してイライラするのか、どうすればそのイライラが解消されるのか、よく考えれば他人を不幸にすることなく自分が幸せになれると思う。

産後クライシス

ヤフーニュースの産後クライシスに関するこの記事、色々なブログでも話題になっていたが。

愛情、急速に冷えた 「産後クライシス」女性の半数経験

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00000063-asahi-soci

「夫の育児や家事の行動に対する評価と比べた結果、夫との関係性の評価が悪い人は夫の行動に対する評価も低かった」というのが多分この記事のメインなのだが、私が思うに多分逆で、「夫の育児や家事の行動に対する評価が低いから、夫との関係性が悪くなる」のだと思う。

世の中の、夫に対する愚痴の多い人は、夫があれやってくれないこれやってくれない→いない方がまし→離婚した方が良いんじゃないだろうか?という思考の人が多いように感じる。

自分age他人sageしたいわけではないが、自分達夫婦は出産前後であまり関係性は変わっていないと思う。もちろん喧嘩は多いし、育児のことや子供が原因で喧嘩することもよくあるが、喧嘩が多いのは出産前からと変わらない。出産前は家事のことで喧嘩することが多かったが、喧嘩の原因が変わっただけで、特に関係性は悪くも良くもなっていない。夫は育児はよくやっているし、家事は私の方が家にいる時間が長いので負担は増えたが、家にいないということは物理的に家事ができないので一応は納得している。夫婦関係が良いので、出産前と同じようにたまには夫婦2人だけの時間が欲しいということになり、実家に預けて2人きりで遊びに行ってみようということになる。なので、産後クライシスは今のところはない。

こういうことを言うと、いい旦那さんで良かったね、と言われるが、そうではないと思う。私の夫は正直優しい性格ではないと思うし、元々そんなに子供好きというわけではない。なので夫が育児をよくやるのは夫自身の資質ではないと思う。では何なのかというと、手前味噌だが私のやり方が良かったと思っている。とにかくどんどん仕事をふる。もちろん指示は的確に。それから我慢しない。夫は自由に飲み会に行けて羨ましいなと思ったら、「自分ばっかり夜飲みに行ってずるい。私だって1人で夜外食したい」と主張する。自分1人が我慢しても、往往にしてそれは夫には伝わっていないから。それで私は夫の帰りが早い日は1人で焼肉を食べに行ったりしている。産後、夜の街を出歩くことがめったになくなったので、それだけでなんか懐かしいようなワクワクするような感覚になる。金曜の夜、居酒屋の前で一本締めをする酔っ払いのサラリーマンも何とも思わない(というかむしろ鬱陶しかった)のに、子供を産んでからは遠い存在になってしまった。また、飲み会に行かなくなってからというもの、刺身とか焼鳥とか居酒屋メニューが無性に食べたくなってしまった。こんな感覚は多分夫には想像もできないと思う。だから言葉にして伝えるしかないのだ。それと、たまには子供と離れたい、自分1人の時間が欲しいと思ったら正直に言う。たまによそのお母さんで、子供とひとときも離れたくないという人がいて、そういう人を見ると自分は母親失格だと劣等感を感じることもあるが、もう開き直ることにした。自分は離乳食も目分量だし子供の体重もこまめに計ってないし、雑でガサツで母親に向いていない女なんだから仕方ないと思うことにした。四六時中イライラしたお母さんと一緒にいるより、たまに自分の時間を作ってリフレッシュした方が子供の前で機嫌良くいられるのだから子供にとってもその方が良いに決まってる。世の中の多くのお母さんは、良いお母さんでいようと思い込みすぎて自分を追い詰めているように思う。元々真面目な自己犠牲タイプの人も多いだろうが、周りから「母親なんだから我慢しなさい」と言われてきた人も多いのではないかと思う。「周り」というのが特に自身の母親が多いと思っていて、自分も子供のために我慢してきたんだからあなたも我慢しなさい、というように負の連鎖的に我慢を強いられることが多いのではないだろうか。私の母親もそのケがあったが、どういうわけか私は気が強く自己肯定感が異常に強い女なので、私は私!とばかりに強気で言い返したため母親は根負けしてあまり口出ししなくなった。

とにかく大事なのは自分を見失わないこと。自分はどうしたいのか、どうすれば全員が幸せになれるのか頭を使って考えること。

産まれる前は頼りない旦那だけど産まれたらきっと変わってくれる、なんて思わないこと。変わるわけがない。自分だって産む前と何も性格は変わっていないのだから。

 

 

 

そんなの嘘

赤ちゃんが夜泣きしてもなぜか父親は気づかず、母親は気づいて起きる、というのがあるあるのようだが。

私は子供が何ヶ月頃からか忘れたが、休前日は夫に夜泣き対応を任せ、私は隣の部屋で寝るようにした(隣といっても声は筒抜け)。すると、平日は、夫は全く起きず、私のみが起きる。休前日は、私はよっぽど長い時間大泣きしない限りはほぼ全く気づかず、夫のみが起きる。

多分、「子供が泣いたら自分が対応しなければ」という意識の違いだと思う。

どこかの適当サイトで「女性はホルモンの働きで、赤ちゃんの夜泣きに合わせて眠りのスタイルを変えられるそうです。」なんて書いてあるのを見たことがあるが、そんなの嘘だ。だって私は休前日起きないから。本当に何でもかんでもホルモンのせいにするのやめてほしい。

文句を言う暇があるなら頭をつかいなさい

育児のことで、よその家庭を参考にさせてもらうために月齢の近い子供を持つ人のブログをいくつか購読しているのだが、夫に対する愚痴の多いことにびっくりする。大体が「使えない」「何もしてくれない」「自分は独身のまま何も変わらない生活をしていてずるい」「何しでかすかわからなくて危なっかしいから任せられない」といったものだ。それはなぜなのだろうか?世の中の旦那さん方は、そんなにも思いやりがなくて役立たずなのか?

彼女らの夫全員に会ったことがあるわけではないので憶測でしかないのだが、(ちなみに自分の友人にはそのような愚痴を言う人がいない。旦那さんが良い人なのか、友人自身が我慢強い人なのかは不明)自分が何で困っていて、どのような方法で助けて欲しいのか伝えきれていないのではないだろうか?たとえば、夫が独身の頃と同じように休日は遊びに行ってしまうのなら、「いいよねー男は子供できても気軽に遊びに行けて」と嫌味を言うだけでは何も変わらないだろう。そうではなく、「自分は平日ずっと子供と一緒にいて疲れたから1人になる時間が欲しい」と訴えるべきだ。なんなら、「私はずっと子供の面倒を見なければいけないのに自分ばっか遊んでずるい」でも良い。夫が子供の面倒を見るだけなんて楽なのでは?と思っているようであれば、半日子供を預けてみれば、それがどんなふうにしんどいかをわかってもらえるだろう。「俺の方が平日仕事で疲れている」と言うようなら、夫と自分で一人きりの自由時間を平等に持つようにすれば良い。

(物忘れが激しく過去に自分が何を書いたか覚えていないので重複していれば申し訳ないが)よしながふみが言っていたが、「割り食ってる方が文句を言うしかない」のだ。辛い状況にいない人が、辛い状況にいる人の気持ちを想像するのは難しい。だから、自分が何が原因でどう辛くてどうやって解決したいかを具体的に伝える必要がある。

こういうような話をすると、「ああ、男は具体的に指示しないとわからない生き物だから」と言う輩がいるが、そうではない。これは男に限った話ではないからだ。そういうことを言う奴は大抵指示の仕方が曖昧でわかりづらいのだ。自分の指示が適当だから相手に伝わらないのにもかかわらず、「ああもういい自分でやる」と逆切れするものだから、夫も「奥さんがやってくれるから自分は何も手出ししない方が良いんだ」と思い、何もしなくなる。

夫に任せると危なっかしいというのも怪しいものだ。不注意で子供を床に落とすとかなんかそういったことなんだろうけど、別に男は不注意な生き物ではない。それならなぜ男の医者がたくさんいるのだ?世の中の多くの男が注意散漫なら手術はミスしまくりだし処方する薬の量は間違えまくるだろう。というか医者に限らず不注意が多ければそもそもほとんどの仕事ができないはずだ。本屋は発注ミスをし、SEはサーバを落とし、床屋はカミソリで客の顔をズタズタにするだろう。何が言いたいかというと、不注意は意識の問題だ。適当で大丈夫と思っているからミスを起こすのだ。自分がミスをしても妻がフォローしてくれると思っている、要は当事者意識が欠如しているのだ。それを解決するには、やっぱり夫に任せること、母親が完璧ではなく、父親と同程度であることを認識してもらうことが必要だと思う。

また、夫をイクメンに育成するとか褒めて伸ばすとか手のひらで転がすとかもよく見かけるが、そういうのもなんか嫌いだ。要は、上から目線でムカつくのだ。私は女なので男性の立場に立ってかわいそうとかいう話でなく、なんかバカみたいでみっともないからやめて欲しいのだ。そもそも、褒めて伸ばすみたいなこと、私はしたくないのだ。なんでやって当然のことをできたからと褒めてやらなければならないのだ?実践したら私はきっとイライラするだろう。普通に対等に接すれば良いではないか。じゃあそいつらは褒めてあげないと仕事をしないのか?そんなことないだろう。褒めてあげないと家事や育児をしてくれないのは、それをしなくても問題ないからだ。仕事はしないとクビになって給料がもらえなくなる。家事や育児はしなくても妻がやってくれる。だから自分はやらなくてもいい。そう思っているのだ。じゃあどうすればやってくれるのか?やらざるをえない状況を作れば良い。床に靴下が脱ぎっぱなしになっていれば、永遠に放置すれば良い。子供が泣いていて自分が家事をやっていて手が離せない時に夫があやしてくれなければ、あやすまで放置すれば良い。子供が泣いていてかわいそうとら思うなら、「泣いててかわいそうだから相手してあげて」と言えば良い。それを無視するならその夫はろくでなしだ。

何か困ったこと、辛いこと、嫌なことがあるなら、その原因と、どうすれば解決するかを頭を使って考えれば良い。ブログに愚痴を書いている暇があるのなら。

母親力

私の子供がまだ喋れなくて、何かあれば泣くしかできなかった頃、私は我が子が泣いている理由が全くわからなかった。泣き声でオムツが濡れていて気持ち悪いとかお腹が空いているとかわかるという友人もいたが、私にはサッパリだった。幸い、私はジーナ的なスケジュールに則って育児をしていたこと、首すわり以降は抱き上げれば泣き止んでいたため特に困っていなかったが。ある日、私の母がうちに来ていた時、いつも通り授乳の時間でも昼寝の時間でもないのに子供が泣いていることがあった。母に「なんで泣いているの?」と聞かれたので私はわからないと答えた。すると母は「お母さんなのに?」と言った。特に深い意味はない、あるいは、ずっと一緒にいるんだからわかるんじゃないの?と単純に思ったのだろうが、私はひどく不快に感じた。私は毎日子供と暮らしているが、泣き声で欲求がわかるという特殊技能は身につかなかった。それを、母親失格と咎められているように感じたのだ。もしこれが、夫だったら何も言われなかっただろう。なんなら、「泣いちゃったー、どうすればいいのー?」と妻に丸投げしてもおかしくないのではないだろうか?それは単に日頃一緒にいないからという理由だけでなく、「男だから」「父親だから」できなくて当然、と免除になっているのではないだろうか?父親も育児に積極的に参加すべきという風潮はだいぶ普及したものの、男だから上手くできなくて当然、という意識はまだ残っているのではないだろうか。

家族だけでなく赤の他人からも似たようなことをよく言われる。例えば、「やっぱりママが一番なのね」など。その時も無性に不快な気分になる。その不快さの正体は窮屈さや、「この仕事(この場合は育児)はこの人(この場合は母親)にしかできない」状況を作り出しかねない危険性なのだと思う。

最近、POLAのCMが話題になっていたが、「誰かの"そうあるべき"が重なって、いつのまにか私が私の鎖になりそうになる」「縛るな。縛られるな」というキャッチコピーは、多くの女性と同じく私の心にも響いた。「お母さんなんだから、赤ちゃんがなんで泣いているかわかって当然」という鎖に縛られていたのだ。そして、縛っているのは男ではなく、女、それもかつて赤ちゃんを育てていた母親なのだ。母が私の泣き声だけで何を訴えているかわかったかはわからない。本人もきっと覚えていないはずだ。(というか、たとえかつて私の母にその能力が備わっていたとしても、だからといって全ての母親にできて当然という考え方は傲慢だ。)「私にできたんだからあなたもできて当然」という経験に基づいた発言ではなく「母親なんだからできて当然」という鎖で、きっとかつての母親も縛られていて、今また娘を同じように縛ろうとしてくる。無意識のうちに。そして、このCMについての記事をどこかで読んだのだが、そこには、鎖に縛られているのは女性だけではなく男性もだと書かれていた。2016年度の男性の育児休業取得率は3.16%だそうで、私の夫も育休という形で休暇は取得しなかった。出産当日に普通に有休を取っただけだ。自分のまわりでも育休を取得した男性はいなかった。そのかわりに、奥さんが出産後しばらくフレックス制度をフル活用した同僚はいたが、それを、男のくせに、とか、奥さんの尻に敷かれて、影で咎めていたのは男性社員だった。彼らは年配の子持ちの男性で、つまりは自分自身の妻も出産育児経験があるのだ。きっと彼らの奥さんも、夫が育休を取ってくれたら嬉しかっただろう。彼らも自分自身を男が育休なんて取るものではない、という鎖で縛り、他の男をも鎖で縛るのだ。

以前、それと似たような話を夫としていたことがあって、女は子供産んだら仕事続けるか辞めるか選択肢があるけど、男にはないよね、という話から、「もし専業主婦になっていいってら言われたら、なりたい?」と聞いたことがある。その時夫は、「専業主婦は嫌だけど、例えば週3日勤務みたいな勤務形態が取れれば良いと思う」と答えた。私はハッとした。今まで、専業主婦かフルタイム勤務か二択しか考えたことがなかったが、そういうやり方もあるよなあと。果たして実現可能なのか?とも思ったが、通常のフルタイム勤務形態でも、インフルエンザで1週間休むこともあれば出張で1週間不在のこともあるし、3日間研修で不在ということもある。不在が前もって決まっていても突発的でも、意外と業務は回るのだ。それなら私も産休が明けたら週2日勤務とかできるかもなあ、良いなあと思った。女性は出産するから、という理由で面接で落とされることはまだあると思うが、男性の育休取得や週何日か勤務を義務付ければ、一生子供を持たない人しか採用できなくなってしまうから、女性だからという理由での不採用はなくなるはずだ。女性の社会進出とか働き方改革とか上っ面だけの改革が行われているが、根底の意識改革が重要なのだろうと思う。