読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供ができない

さて自力でやる子作り計画、2周期目もだめだった。
そして最後の1周期。前回と同じくデジタル排卵検査薬を使って排卵日を特定し、コトにおよぶ。やっぱりだめだった。
3周期連続失敗したため、当初の予定通り産婦人科に行くことにした。
早速私はネットで不妊治療を行っている産婦人科を探し始めた。場所は、家から近いか会社から近いところが良いだろう。土日に行くことも考えると、家から近い場所が良いだろう。3駅ほど隣の駅に不妊治療専門クリニックを見つけ、行ってみることにした。電話をかけ、不妊治療を始めようとしている旨を告げると、数日後来るように言われた。
指定された日にクリニックに向かった。平日の朝だったが(午前休を取った)、ものすごく混んでいた。同じぐらいの年齢の女性がひとところに集まっているのは、なかなか不思議な光景だった。
この日はスタッフの女性に全体の流れを説明され、さまざまな検査を受ける必要があること、まずは、排卵を促進するために必要に応じて薬や注射をして排卵日付近にいたすタイミング法を試してみて、だめだったら人工授精、体外受精へとステップアップしましょう、とのことだった。その日できる範囲の検査(たしか血液検査だったと思う)をこなし、では次の検査のため3日後に来てください、と言われた。3日後も平日だ。また午前休を取らなければならない。というか平日の朝だの昼だのに来ることが前提で話が進んでいることに、こりゃちょっとやばいな、と思った。有休足りるのか?
3日後再度クリニックへ行き、いくつか検査をこなし、内診もした。当初説明されたとおり、まずは3周期タイミング法を試すことになり、私は指定された日にいたすことになった。
家に帰って、夫に「この日やれって!」と報告した。夫はなんかふざけた反応だったが詳しくは覚えていない。
このクリニックだけなのか他もそうかは知らないが、私が通っていたところでは、「では次は○日に来てくださいね」と毎回来院日を指定された。子供を持とうと決心したとはいえ、高いお金を使って体外受精をするほどのやる気はなかった私は少しひるんだ。もう引っ込みのつかないことになってしまった、という感じがした。
通院は、大体生理開始後3日目ぐらいと排卵前にあたる生理開始後10日目ぐらい、排卵を確認するため生理開始後17日目ぐらい、の月に計3回通院するのが定番になった。卵の成長具合によっては排卵前もう1回通院することになる。私は午前休を使ったり、定時で退社したり、土曜に予約したりして都合をつけていた。この頃仕事自体は大して忙しくなかったので、頻繁にクリニックに通うことはストレスにはならず、むしろ朝遅く起きれたり夕方早く帰れたりしてラッキー、と思っていた。よく不妊治療をしている人のブログを読むと、「私ばっかり何回も病院に行って痛い思いをしたりしてるのに!」みたいな記事を見かけるが、私のような怠け症の不真面目な人間にはそのへんは全くストレスとならなかった。
3周期タイミング法を試したが、だめだった。
1周期失敗するごとに、私はどんどん荒れていった。
通院しているのに成果が出ないことに焦っていた。もしかしたら私は一生子供ができない体なのかもしれないということが怖かった。
夫が出張や飲み会でタイミングを取れない時や、風邪をひいたこともあった。そんな時私は激怒した。一ヶ月に一度しかチャンスはないのに。私は今すぐ妊娠したいのに。飲み会?そんなもん知るか、休め。
生理予定日前に妊娠検査薬を試して、疑う余地もないほどの真っ白な陰性を見た時も落ち込んで大泣きした。怒って大泣きした。夫は当然理不尽に怒る私に対して不機嫌になった。そんなこと言ったってしょうがないだろ、と怒った。そりゃそうだ。つい最近まで子供欲しいなんて言ってなかったくせに、仕事やめたいから子供作るくせに、と思っていたかもしれない。言わなかったからわからないけど、私が夫だったらそう思っただろう。とにかく、回を重ねるごとに、排卵日付近と生理予定日付近の私たち夫婦の関係はどんどん悪くなっていった。
私はもはや子供が欲しいという最初の目的を見失っていた。ただ妊娠することだけがゴールとなっていた。目標に対して努力しているのに結果が出なくてイライラする。それはまるで資格試験のようだった。毎月試験に向けて勉強をして準備し、結果を待つ。落ちたらまた勉強して再度受験する。しかも、前回落ちた明確な理由がわからない。タイミングが合わなかったのか、卵子の状態が悪かったのか。ざっくりとある程度は予想はできるが、その回の失敗の直接原因まではわからない。ちなみに私はIT系の仕事をしているのだが、ソフトウェアのテスト手法にブラックボックステストというのがある。ソフトウェアのテストというのは、インプット(入力)に対して正しいアウトプット(出力)が得られるかどうかを検証するのだが、ブラックボックステストの場合、ソフトウェアの内部の動きがどうであれ、インプットに対してアウトプットが正しければOKというものである。不妊治療はこれに似ている。失敗原因は特定できないが、とにかく結果さえ出ればOKなのだ。
そんなストレスがギンギンにたまるブラックボックステストを毎月こなしていった。