読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親への報告

妊娠10週目ごろ、そろそろ親に妊娠報告をしても良いのではないかという話になった。
私は自分の母にSMSで今妊娠していることと予定日を簡単に伝えた。すぐさま電話がかかってきた。母は大変興奮しており、喜んでいるようだった。何を話したか覚えていないが、なんやかやと色々聞かれたような気がする。体調はどうだ、とか。私は子作りを始めたことを一切伝えていなかったどころか、一生子供を持たない可能性があると宣言していたのでさぞかし驚いたようだった。電話を切った後も、大量のメッセージが矢継ぎ早に届いた。退院後一ヶ月は床上げしない方が良いから手伝いに行くか里帰り出産した方が良いとか、ずいぶん先の話をしていた。
夫の両親にも同様に夫からメールした。こちらもすぐさま義母から電話がかかってきて、私の母と同じように体調はどうだとかなんやかんや聞かれた。
テンションがすごい、と思った。当然だが、自分が友達の妊娠報告を受けた時とは全然違う。やはり自分の孫となると一大事なのだ。この「孫がやってくるぞワッショイワッショイ」感はずっと続くのだが、私は不思議に思った。「やっぱり子供を産んだことある人は子供好きなのかな?」と思った。その後どんなタイミングでかは忘れたが「そんなに孫ができるって大騒ぎするもん?」と母に聞いたことがある。母は「子供と違って孫は自分で育てる責任がないから単純にうれしい」と言っていた。私が聞きたいのはそういうことではなかった。なんでそんなに嬉しいのか?ということだ。自分の大事な(手前味噌だが)子供が子供を産むということが特別なのだろうか。どうしても「そんなに小さい子供が好きなのか?」というところから出ることができなかった。彼らの反応は私の想像の範疇を超えていた。
大体妊娠20週ぐらいの妊婦健診で、赤ちゃんの顔が写ったエコー写真をもらえるのだが、それを私と夫の両親に一応送った時も、やれ私に似てるだの夫に似てるだの大騒ぎだった。夫の父などは自分に似ていると言い出す始末だった。もちろんちっとも似ていない。というか、赤ちゃんのエコー写真なんて、ネットで検索すればいくらでも出てくるのだが全部同じ顔なのだ。正直誰にも似ていない。ただの赤ちゃんだ。