育児という仕事

一ヶ月ほど育児をしてみて思ったのは、育児は大変だが、誰にでもできるということだ。そんなの当然のことじゃない?と思うかもしれないが、「育児って誰にでもできる仕事だよね?」と言うと、たいていの場合(おそらく多くの場合母親から)「そんなことない!」とすごい剣幕で反論されるだろう。実際「育児 誰にでもできる」で検索すると、「そんなことありません!!」の嵐だ。しかしその続きをよくよく読んでみると、「人には向き不向きがある」とか「教養をつけさせたり躾をしたり大変なんです!!」といった回答がずらりと並ぶのだが、向いてないからといって、まるっきりできないわけではないだろう。それに、「誰にでもできる」イコール「大変じゃない」とは言っていない。もちろん大変だし、向き不向きがある(、というのは例えば専業主婦になってずっと育児をするか、保育園に預けて働くかどっちか選べるとしたら、働く方を選ぶかなーという人はどっちかといえば育児よりは仕事のほうが向いている、とかそんなかんじだろう)のは確かだろうけど、別に国家資格が要るとか特殊能力がないとできないことではない。そりゃそうだ。だって、そんなに育児が難しかったら人類はここまで繁栄していないだろう。誰にでもー男でも女でも、あるいは若者でも老人、は厳しいか、おじさんでもおばさんでもーできることだから、人類はここまで繁栄してきたのだ。それがただ、結婚するしない、子供産む産まない、という選択をできるようになったから、じゃあ育児大変そうだし仕事のほうが楽しいから子供は産みません、という人が出てきた、というだけの話だろうと思う。そして、教養とか躾の話は程度問題だ。例えば「子供を東大に合格させる」のは難しい。たぶん私は何回チャンスをもらったってできない気がする。それに、別に東大とまではいかなくても、ごく人並みに、一生自分で生きていける程度に学歴をつけさせたり、結婚できる程度にきちんとした性格で、身なりに気を使う人間に育てあげるのだって、きっと難しいことだろう。でも、がんばればできる程度のことであって、逆立ちしたって無理!というほどレベルの高いことではない。そういう意味で、「誰にでもできる」ことなのだと思う。そりゃあもちろん自分ががんばってヒイヒイ言いながらやってることを、その苦労を知らない人から「誰にでもできる」呼ばわりされたら「そんなことない!」と反論したくなるのはよくわかるのだけど。

広告を非表示にする