夫の育児

里帰り出産を終了させ再び夫と暮らしだしたある日、夫が「夜中のオムツ替えは自分がやる(から授乳だけ君がやって)」と提案してきた。当初、次の日仕事がある夫を夜中起こすのは申し訳なく思い夜中のオムツ替えと授乳は私がやっていたのだ(こういう時会社員の経験があって良かったと思う。私は思いやりのある女ではなく、自分に置き換えたら辛いと想像できるだけの話だ)。寝不足になるんじゃない?と私が聞くと夫は、オムツ替えだけでもやらないと、自分は平日子供と関わりが一切持てないと言った。その頃子供は7時半に起き、19時に寝るというスケジュールだった。夫の出勤は7時、帰宅は20時だ。たしかに起きている子供と触れ合える時間は一切ない。なるほどと思い、夜中のオムツ替えは夫の担当となった。しかし空腹で夜中起きる子供を抱っこしたところで泣き止むわけがない。平日の夫と子供の触れ合いは泣き叫ぶ子供のオムツ替えと泣き止むわけのない無駄な抱っこ、授乳する私への受け渡しのみとなった。私は夫をかわいそうに思った。友達に聞いてもどこも似たような状況だった。夫の出勤時刻が遅い家は朝のオムツ替えを担当してもらっているとのことだったが、「毎日子供の寝顔しか見ていない」は我が家でも現実となった。

この状況は、単純に夫がかわいそうなだけではない。子供と触れ合う時間を十分に持てないことで、子供が夫に懐かなくなる、あるいは夫の当事者意識が薄れ、その結果育児の負担が私のみにのしかかる不安があった。夫が平日も子供と触れ合えるようにするには夫が育休を取得する、夫が在宅勤務をする、夫が早く帰宅し、子供が寝た後その日やり残した仕事をする、等の解決策が挙げられるが、それらのどれも現実的でないように思えた。

そんなある日、夫の会社で在宅勤務制度をトライアルで導入することになった。既にいくつかの支社で実施済みであり、好評と鳴り物入りだった。ちょうど子供が産まれたばかりの我が家はその対象となった。早速利用してみることにしたが、なんとも微妙だった。というのも、家にいられるということは、育児なり家事なり何らかを期待してしまうのだ。しかし、仕事というものは待ち状態になることがある。誰かの回答待ちだったり承認待ちだったり。そしてその回答なり承認は急に訪れる。つまり、待ち状態の時は家事や育児をしてくれるが待ち状態が解除された途端不可能になる。だから、待ち状態の時に子供と遊んで、何か頼みたいことができた途端待ち状態が解除されたりするのだ。これが結構ストレスが溜まる。自分のやりたいことだけやってるんじゃないのか?と疑いたくなるのだ。つまり、汚いこと・大変なこと(寝ぐずっている時に抱っこして泣き止ませる、オムツ替え等)の時は忙しいふりをして、楽しいこと(子供と遊ぶ、哺乳瓶でミルクをやる)だけやっているのでは?思ってしまうのだ。一応仕事中ということになっているのでこちらから用事を頼むこともしづらい。

そこで、支社で好評だったというのがあやしく思えてくる。好評なのは男性社員だけで、その奥さん方は在宅勤務なんて迷惑がっているのでは?と。そこで、制度を利用するにあたって、家族である私もアンケート答えるかな?と聞いてみたが、そんなものはないとのこと。子供と関わる時間を確保する方法として、在宅勤務は良い解決策となるのだろうか?私にはまだわからない。