敵はお前だ

授乳について、私は幸いなことに母乳がよく出る方だが、1日1回はミルクをあげている。これは、清水瑠衣子さんという方の本に、そのようにして哺乳瓶に慣れさせておくことで、誰かに預けた時に哺乳瓶だと嫌がって飲まない飲まない「乳頭混乱」を避けることができると書いてあったからだ。これのおかげで夫1人でも問題なく授乳が行えるため、私は長時間1人で外出することができる。

なので、検診や助産師訪問で母乳かミルクか聞かれる時、私は1日1回はミルクです、と答えている。そうすると大抵の人(助産師さん?)は不思議そうな顔をする。えーと母乳出るんだよね?なんで?みたいな顔だ。だから私は上記を説明するのだが、「預ける?お仕事か何かで?」「いえ主人に」「ああ、なるほど」みたいなやりとりが行われることになる。

母親が3,4時間1人で外出するのはそんなにおかしいのか?母親は自分の時間を持ってはいけないのか?被害妄想かもしれないけど、母親は子供のために我慢して、尽くすべきという考えが蔓延しているように思える。子供と離れて自分1人の時間が欲しいとでも言おうものなら「お前は子供が可愛くないのか?母性がないのか?」と責められかねないからタチが悪い。

「世の中のお母さんはみんなやってることだから」という考え方もやばいと思う。みんな我慢していたことだから自分も我慢すべきという考え方は出産するまでとんとしてなかった、というか、したことがあるかも怪しい、というかそんな考え方があるのかというぐらい驚いた。むしろ、私はIT系の企業に勤めているのだが、従来の御用聞き形式の仕事の取り方じゃなくて世の中の課題を解決するソリューションを新規ビジネスとしてどんどんやっていこう、という流れがここ数年あったので、何か困ったこと=カネのにおい!だったのだ。日常生活で困ったことを言い合って新規ビジネスを検討するアイデアソンなんかもやったりしていた。だから、子育てで困ったこと、辛いことが起こった時に我慢するというのはビジネスチャンスを潰しているわけで、もったいないのだ。だいたい洗濯機だって車だって、手で洗濯するの大変だなー、とか、長い距離を歩くの大変だなー、とか、困ったことを解決するために発明されたわけだ。つまり、困ったこと、辛いことを我慢してしまっては文明は進歩しないのだ。それが、育児に関してのみ「母性」という呪いの言葉に邪魔されて、いつまでたっても我慢させられるわけだ。このクソみたいな母性のせいでシッターやヘルパー等の商売がいまいち普及していない気がする。そして母親たるものかくあるべき像を押し付けているのは、母親として我慢してきた女性たちだ。これは里帰り出産した時に自分の母親を見て感じたことだ。自分だって我慢してきたんだから、お前達も我慢すべき、という虐待されてきた人がその子供にも虐待を繰り返す負の連鎖みたいな現象が起こっている。世の中の母親の敵はかつての母親達だ。辛いこと困ったことは、割りを食っている人が言い出さない限り世間に認識してもらえない。この負の連鎖は私達の代で断ち切るしかない。