産後うつのこと

産後うつになったかどうかは、病院に行ったわけではないのでわからないが、それらしき状態に二度なった。

産後退院して実家で過ごしてからの生活は地獄だった。毎日夜中2、3時間ごとに起こされ授乳する生活。いわゆる細切れ睡眠というやつだった。こんなものちょっとしたブラック企業だ。その頃私はよく、細切れ睡眠が辛いという課題背景があるのだからそれを解決するソリューションが必要…と回らない頭で考えた。(ちなみにそういうサービスは存在する。助産院に泊まって夜間子供の面倒をみてもらえるらしい。また驚くことに、一ヶ月も経つと細切れ睡眠生活にすっかり慣れて、3時間ごとに起きる生活をあまり辛いと思わなくなった。慣れとは恐ろしいものだ。この頃よく洗脳とか奴隷といった単語が頭の中をグルグルしていた。)

そんなとき、テレビで産後うつについての特集をやっていた。いわく、産後うつはホルモンバランスが原因だと言う。産後うつ疑惑真っ只中の私はこう思った。

んなわけねえだろ!

産後の私が言うのだから間違いない。産後うつの原因は睡眠不足と過労によるストレスだ。それまでやったことのない育児。赤ちゃんは原因不明で泣くし、何かひとつ失敗すればすぐ死にそうだ。人の命を預かる責任重大なプロジェクトのプロジェクトリーダーに突然なったのだ。それに加え夜中2、3時間毎に起こされ授乳。ちょっとした物音で起きそうなので細心の注意を払って息を殺して寝室で過ごす。こんなストレスだらけの生活で鬱になるのは当然だ。仕事で鬱になる人だって大体睡眠不足と過労によるストレスが主な原因じゃないか。ちょっと考えればわかるだろう。番組では専門医によるカウンセリングが必要などと言っていたが、バカか?そんなものいらない。とにかく寝かせてくれ。赤ちゃんと離れて一人にさせてくれ。それさえ叶えばたとえ産後でホルモンバランスが崩れていようとも元気になれたと思う。逆に、例え産後でなくても急に新生児を渡されて「じゃ、今日からお世話してね」と言われたら間違いなく私は鬱になるだろう。

何でもかんでもホルモンで片付けないでほしい。

産後、泊まり込みで赤ちゃんのお世話をしてくれるサービスがあればいいのに。介護は泊まり込みもあるのだから不可能ではないだろう。