文句を言う暇があるなら頭をつかいなさい

育児のことで、よその家庭を参考にさせてもらうために月齢の近い子供を持つ人のブログをいくつか購読しているのだが、夫に対する愚痴の多いことにびっくりする。大体が「使えない」「何もしてくれない」「自分は独身のまま何も変わらない生活をしていてずるい」「何しでかすかわからなくて危なっかしいから任せられない」といったものだ。それはなぜなのだろうか?世の中の旦那さん方は、そんなにも思いやりがなくて役立たずなのか?

彼女らの夫全員に会ったことがあるわけではないので憶測でしかないのだが、(ちなみに自分の友人にはそのような愚痴を言う人がいない。旦那さんが良い人なのか、友人自身が我慢強い人なのかは不明)自分が何で困っていて、どのような方法で助けて欲しいのか伝えきれていないのではないだろうか?たとえば、夫が独身の頃と同じように休日は遊びに行ってしまうのなら、「いいよねー男は子供できても気軽に遊びに行けて」と嫌味を言うだけでは何も変わらないだろう。そうではなく、「自分は平日ずっと子供と一緒にいて疲れたから1人になる時間が欲しい」と訴えるべきだ。なんなら、「私はずっと子供の面倒を見なければいけないのに自分ばっか遊んでずるい」でも良い。夫が子供の面倒を見るだけなんて楽なのでは?と思っているようであれば、半日子供を預けてみれば、それがどんなふうにしんどいかをわかってもらえるだろう。「俺の方が平日仕事で疲れている」と言うようなら、夫と自分で一人きりの自由時間を平等に持つようにすれば良い。

(物忘れが激しく過去に自分が何を書いたか覚えていないので重複していれば申し訳ないが)よしながふみが言っていたが、「割り食ってる方が文句を言うしかない」のだ。辛い状況にいない人が、辛い状況にいる人の気持ちを想像するのは難しい。だから、自分が何が原因でどう辛くてどうやって解決したいかを具体的に伝える必要がある。

こういうような話をすると、「ああ、男は具体的に指示しないとわからない生き物だから」と言う輩がいるが、そうではない。これは男に限った話ではないからだ。そういうことを言う奴は大抵指示の仕方が曖昧でわかりづらいのだ。自分の指示が適当だから相手に伝わらないのにもかかわらず、「ああもういい自分でやる」と逆切れするものだから、夫も「奥さんがやってくれるから自分は何も手出ししない方が良いんだ」と思い、何もしなくなる。

夫に任せると危なっかしいというのも怪しいものだ。不注意で子供を床に落とすとかなんかそういったことなんだろうけど、別に男は不注意な生き物ではない。それならなぜ男の医者がたくさんいるのだ?世の中の多くの男が注意散漫なら手術はミスしまくりだし処方する薬の量は間違えまくるだろう。というか医者に限らず不注意が多ければそもそもほとんどの仕事ができないはずだ。本屋は発注ミスをし、SEはサーバを落とし、床屋はカミソリで客の顔をズタズタにするだろう。何が言いたいかというと、不注意は意識の問題だ。適当で大丈夫と思っているからミスを起こすのだ。自分がミスをしても妻がフォローしてくれると思っている、要は当事者意識が欠如しているのだ。それを解決するには、やっぱり夫に任せること、母親が完璧ではなく、父親と同程度であることを認識してもらうことが必要だと思う。

また、夫をイクメンに育成するとか褒めて伸ばすとか手のひらで転がすとかもよく見かけるが、そういうのもなんか嫌いだ。要は、上から目線でムカつくのだ。私は女なので男性の立場に立ってかわいそうとかいう話でなく、なんかバカみたいでみっともないからやめて欲しいのだ。そもそも、褒めて伸ばすみたいなこと、私はしたくないのだ。なんでやって当然のことをできたからと褒めてやらなければならないのだ?実践したら私はきっとイライラするだろう。普通に対等に接すれば良いではないか。じゃあそいつらは褒めてあげないと仕事をしないのか?そんなことないだろう。褒めてあげないと家事や育児をしてくれないのは、それをしなくても問題ないからだ。仕事はしないとクビになって給料がもらえなくなる。家事や育児はしなくても妻がやってくれる。だから自分はやらなくてもいい。そう思っているのだ。じゃあどうすればやってくれるのか?やらざるをえない状況を作れば良い。床に靴下が脱ぎっぱなしになっていれば、永遠に放置すれば良い。子供が泣いていて自分が家事をやっていて手が離せない時に夫があやしてくれなければ、あやすまで放置すれば良い。子供が泣いていてかわいそうとら思うなら、「泣いててかわいそうだから相手してあげて」と言えば良い。それを無視するならその夫はろくでなしだ。

何か困ったこと、辛いこと、嫌なことがあるなら、その原因と、どうすれば解決するかを頭を使って考えれば良い。ブログに愚痴を書いている暇があるのなら。