父親としての自覚

よく、育児に協力的でない夫に対して「父親としての自覚がない」と言われるようだが。

「父親としての自覚」って何だろう?

独身の頃にやっていた趣味をやめること?やりたいことを我慢すること?

それって、妻側が「私はやりたいことを我慢してるのに自分ばっかりずるい」ということでしょ?それを聞こえが良いように「子供のため」とか「父親らしくしろ」とか言ってるけど、要は「自分も我慢してるんだからお前も我慢しろ」ということでしょ?それってすごく暗いというか、建設的でない気がする。

自分の我慢を他人に強いるのではなくて、家族に迷惑をかけない程度に、自分も夫も我慢しないようにすればみんな幸せになれるのではないだろうか。

どうせ赤ちゃんや小さな子供なんて夜は早く寝てしまうのだから、例えばやりたいことは夜やるとか。スポーツジムだってデパートだって夜遅くまでやってるのだから、会社帰りに運動したり買い物すればいいし、飲み会だって、午前様になって次の日の休日寝て過ごすとか酔っ払って夜中子供を起こすとかでなければ行けば良いと思う。

妻も、夫が早く帰れる日は夜買い物に行ったり友達と食事に行っても良いし。

また、たまには託児所に預けて夫婦2人で出かけるのも良いと思う。子供がいると行けないようなレストランでランチしたり、映画を観に行くのも良いと思う。託児所に子供を預ける理由として「親がリフレッシュするため」というのもきちんと認められている。

なんで自分が夫に対してイライラするのか、どうすればそのイライラが解消されるのか、よく考えれば他人を不幸にすることなく自分が幸せになれると思う。