抱っこ自転車のこと

抱っこ紐で子供を抱っこしながら自転車に乗っての死亡事故が多いらしい。

こういった事故をワイドショーなんかで扱うと、大抵「危ないですよね!」「やめるべき!」の意見のみで、じゃあなんで抱っこ紐で自転車に乗ろうと思うのか、おんぶする人が少ないのか、じゃあどうすればいいのかといった解決案が提示されることはまずない。

思うに、抱っこ自転車が多い原因は、抱っこ紐でのおんぶが難しすぎることだと思う。私が出産した時は、エルゴとビョルンが二大巨頭で(多分今もそうなのではないかと思うが)、私もエルゴを持っているが、エルゴでのおんぶってすごく難しいし危なっかしくてこわい。(1)子供を抱っこした状態で後ろにぐるっと回す方法や、(2)抱っこ紐に子供を仰向けに置いて、それをリュックを背負うような感じでおんぶする方法がよく動画で紹介されているが、1はこわいし2は動き出した子供だと床に置いた抱っこ紐から逃げ出す可能性がある。エルゴは抱っこすることをメインとして売られているので、抱っこはすごく楽だ。だから、抱っこに慣れた人がそのまま自転車に乗ってしまおうという気持ちはよくわかる。

あと、おんぶすると、冬にコートを着た時コートの下に子供を入れるのはコートがパツパツになって無理だし、コートの上からおんぶするのはコートが分厚くて無理だ。

では、おんぶに特化したおんぶ紐?はあるのかというと、楽天なんかで調べてみると山のようにある。でも、どれも全然知らないし、商品が多すぎてどれを買えばいいのかさっぱりわからない。こういう抱っこ紐とかおんぶ紐って結構高くて、失敗すると結構な痛手だ。

さて、どうしたらいいかというと、抱っこ紐自転車を結構厳しめな感じで禁止するのと同時に、おんぶ紐の宣伝を結構頑張るのが良いかなと思う。おしゃれな子持ちママさんのインスタグラマーとかブロガーとかいるわけだし、そういった方にモニターをやってもらえば広く知られるのではと思う。あとは、おんぶ紐の上から羽織れるゆったりしていてなおかつおしゃれで、おんぶしない時も普通に使えるようなコートをアーバンリサーチドアーズ、ビーミング、グリーンレーベルあたりのファミリー層向けのあまり高くないブランドが売ってくれれば買うかなーと。わりと高い割にダサいママコートって、どうも買う気にならないよねっていう。ライナーとしてくっつけることもできるインターダウンと薄手のコートのセットとか。あと、最近はわりとゆったりめのコートが流行っているので、ゆるいウールコートとか。

課題背景ってビジネスチャンスだよね、みたいな話になってしまったけど、実現するといいな。